Blog

ジューンブライドの本当の意味は?

ジューンブライド(june bride)を直訳すると6月の花嫁、6月の結婚。欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。

女神「JUNO」説

6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろうとの言い伝えです。

気候・季節説

ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候も安定しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろうとの言い伝えです。

結婚解禁説

農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていたそうです。のため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろうとの言い伝えです。

ただ、日本は梅雨の時期ですね~。だから、日本のブライダル業界は、ヨーロッパの流れを上手く引用したのでしょうね。

結婚は一生に一度という感覚も少しずつ変わってきていますが、体の改善を行う意味では、良いタイミングですので、人間ドック感覚で全身のリンパのつまりを改善し、健康的な身体に戻す事も良いのはと思います。